読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazon Prime Photo の使用感想

iPhoneの写真をPCに移動させようとしたのだけど、PC接続時にDCIMフォルダが見つからなくて困っていた時に思い出したのが、Amzon Prime Photo。

なんだ、"プライムフォト"って。
 
容量無制限というので試しにiPhone内の写真(動画含む)を全てアップロード。安易に無制限なんていうと数Tのデータを突っ込みかねない写真愛好家がどれだけいると思っているんだ。いくら、AWSで知れ渡るAmazonとはいえ、年間3980円でどこまでサービスする気なんだと思いながら、アップロード開始。
 
iPhone内の写真が9000枚以上あるとアップロード完了まで、結構時間がかかる。一晩おいとけば、良いのだけど、どうもアプリを閉じていたり、スリープに入った状態になると、アップロードを中止してしまうみたい。アップロード完了メッセージを見た時はホッとした。
 
f:id:tpho5g:20160421102002j:image
 
ここら辺はWi-Fi環境下でバックグラウンドで動いてくれるような感じの方がありがたいかな。
 
さて、Wi-Fi環境下にある場所で、時折iPhoneのスリープを起こしながら、二日間。無事、jpeg、mp4辺りは問題なくアップロードできた。
RAWデータも無制限にアップロードできるとなると、Adobe Revelとか全く不要かも。
 
 

Supported RAW File Types

The following RAW photo files from the following camera models are recognized by Amazon Cloud Drive as a photo file; however, this is not a definitive list:

 "Amazon Prime Photo RAW"で検索すると、丁寧にAmazonが英語で説明してくれました。NikonCanonSonyのRAWファイルは取扱うけど、他メーカーは知らないよ的な感じで困ったもの。FUJI X100Tなんかも対応してくませんかね。(既に、対応しているような気もする。)
 
使用感として、iPhoneアプリ、ブラウザ当りの作業はシームレスでよかった。
iCloud の無料ストレージ5GBには、アドレス帳、スケジュールとか、機種変の際に必要な情報だけに絞っておけば十分かな。