読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永瀬沙世 / SPRITE

永瀬さんの写真初めて見たけど、写真を見てるとBONNIE PINKが脳内にかかるような感覚で、写真集で見たくなる写真。
来週28日から展示だそうです。

永瀬沙世 写真展 “SPRITE”


【開催期間】2016年6月28日(火)〜7月7日(木) 12:00〜19:00
     
【開催場所】AL 住所:東京都恵比寿南3-7-17 1F  電話:03-5722-9799 www.al-tokyo.jp

http://www.nagasesayo.com/

写真家・永瀬沙世--海外との仕事で再認識したアーティストステイトメントの重要性【INTERVIEW】 - グノシー

あるエンジニアさんの本棚

妻に、web構築の良い本ある?と聞いたらあるエンジニアさんの本棚には教えてくれた。ありがとう。

 

太田智の本棚 (satoshimuc) - ブクログ

 『インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針』(Susan Weinschenk)の感想(72レビュー) - ブクログ

 

 

 

[photographer004] 楠哲也 / American Monuments

f:id:tpho5g:20160613101221j:plain

Testusya Kusu, American Momuments / Zen Foto Gallery (Roppongi)
楠哲也 写真展「American Monuments」Tetsuya Kusu "American Monuments"
会期: 2016年6月8日~6月25日 (12:00-19:00 /日月祝休廊)


楠哲也さん。

現在、Zen Foto Galleryにてアメリカのカントリーサイドのアイコンを発表している楠さんの展示を拝見。一枚一枚の完成度が高く、僕の中で話題になっています。
被写体との関係の構築であったり、構図の巧みさであったり、普段のプロカメラマンとして仕事が丁寧に反映されているなと思いました。

www.tokyoartbeat.com

 

彼のプロフィールを掘り下げると、ユニークに感じます。
世界各地を放浪した後、タイ王国で6年過ごしているとあるが、ダイビングのインストラクターや、タイ国営放送のカメラマンを経験してる。写真家の方と話すとその方の背景が聞けて面白いです。 

www.thailandtravel.or.jp

 

 ポートフォリオ、American Momumentsはもちろん、IN AND OUTも楠さんぽい。これも本にならないかな。

tetsuya-kusu.com

tetsuya-kusu.com

六甲山国際写真祭 事前審査結果発表

写真作品を作るのは孤独な作業で独善的になりがちだなと思いますが、何かしら自分で目標を決めて定期的に応募するのは大事なことだなぁと思いました。

事前審査の内容から、応募者だけでなく外に向けてメッセージを出されるのは刺激的なことと思います。
 
 

PFU Omoidori

雑誌の写真スクラップとか応用が効きそう。
Exifに元写真の日付データを乗せてくれるとか、細かいところに気が利いてる。
アプリアップデートで、楽にバージョンアップできるところとか好感持てます。

【新製品ニュース】アルバムに貼られた写真を、反射を抑えてiPhoneのカメラで撮影できるアクセサリ「PFU Omoidori」

[photographer003] 松本考一 / 北安曇

松本さんとは2015年のYPOB会で知り合って以来のお付き合いですが、とても良いZine、写真集を作ります。その松本さんの気持ちよい6x7新作。

これまでの作品を見ていると、もう少し小さめのフォーマットが多いのかと思っていたので、拝見するのが楽しみです。

この作品を撮ってるときに、スキー場で三脚たてているのでは?と想像すると朗らかな気持ちになります。

 

f:id:tpho5g:20160602101408j:plain            

松本孝一写真展「北安曇」

松本孝一写真展「北安曇」
会場:サードディストリクトギャラリー(新宿)
会期:5月31日(火)ー6月12日(日)
サードディストリクトギャラリー
160-0022 東京都新宿区新宿3-8-9新宿Qビル4F
tel:03-5269-5230
open:13:00 - 20:00

 

Amazon Prime Photo の使用感想

iPhoneの写真をPCに移動させようとしたのだけど、PC接続時にDCIMフォルダが見つからなくて困っていた時に思い出したのが、Amzon Prime Photo。

なんだ、"プライムフォト"って。
 
容量無制限というので試しにiPhone内の写真(動画含む)を全てアップロード。安易に無制限なんていうと数Tのデータを突っ込みかねない写真愛好家がどれだけいると思っているんだ。いくら、AWSで知れ渡るAmazonとはいえ、年間3980円でどこまでサービスする気なんだと思いながら、アップロード開始。
 
iPhone内の写真が9000枚以上あるとアップロード完了まで、結構時間がかかる。一晩おいとけば、良いのだけど、どうもアプリを閉じていたり、スリープに入った状態になると、アップロードを中止してしまうみたい。アップロード完了メッセージを見た時はホッとした。
 
f:id:tpho5g:20160421102002j:image
 
ここら辺はWi-Fi環境下でバックグラウンドで動いてくれるような感じの方がありがたいかな。
 
さて、Wi-Fi環境下にある場所で、時折iPhoneのスリープを起こしながら、二日間。無事、jpeg、mp4辺りは問題なくアップロードできた。
RAWデータも無制限にアップロードできるとなると、Adobe Revelとか全く不要かも。
 
 

Supported RAW File Types

The following RAW photo files from the following camera models are recognized by Amazon Cloud Drive as a photo file; however, this is not a definitive list:

 "Amazon Prime Photo RAW"で検索すると、丁寧にAmazonが英語で説明してくれました。NikonCanonSonyのRAWファイルは取扱うけど、他メーカーは知らないよ的な感じで困ったもの。FUJI X100Tなんかも対応してくませんかね。(既に、対応しているような気もする。)
 
使用感として、iPhoneアプリ、ブラウザ当りの作業はシームレスでよかった。
iCloud の無料ストレージ5GBには、アドレス帳、スケジュールとか、機種変の際に必要な情報だけに絞っておけば十分かな。